妖怪を見た


筆不精ゆえ日記とやらは得意ではないが、念のため記録を残して行こう。

今日、妖怪を見た。幽霊ではない、妖怪だ。

子供の頃からそういったものとは無縁で、だからこそ人が遭遇する未知なるものの研究をしつづけてきた。

この研究所の建物を買ったときも、いわゆる霊感のある知人に「うようよいる」と青い顔で言われたものだが、全くもって何も感じなかった。

だが、今日、妖怪を見た。台所に着物の人がいて、ついに幽霊かと思ったら、頭が赤提灯だった。

「暖かくなってきたし、コタツはそろそろ片づけた方がいいよー」

余計なお世話だ。まあ、髪を振り乱した血まみれの幽霊でなくて良かった。